« 2015年8月 | トップページ

2015年11月

2015年11月20日 (金)

お久しぶりの……

宮吉です。
みなさまお元気ですか?

僕はあいかわらずとびはねています。少し左の肩が痛いですが……。
五十肩?

公演のご案内です。

久々に胸を裂かれる想いで芝居やってます。
お時間あれば是非観に来てください。

村松みさきプロデュース
vol.9

『 金魚の赤い夢 』

脚本・演出…村松みさき

■■■■■■■■■■■■■


公演詳細


■期日

2015年12月2日(水)〜12月6日(日)

12月2日(水)19:30
12月3日(木)19:30
12月4日(金)14時/19:30
12月5日(土)14時/19:30
12月6日(日)15時

全7ステージ


■劇場
劇場HOPE(中野駅から徒歩5分)


■チケット
前売り…3500円
当日…3800円

★ペアチケット…2名様で6400円(お一人様3200円)

★グループ割引…3名以上でお越しのお客様は、お一人様ずつ3000円とさせて頂きます。

(ぜひお得なグループ割引をご利用下さいませ。)


■全席自由
■開場は開演の30分前です。
■お問い合わせ先
090-8944-9360


■キャスト (50音順にて記載)

大嶋麻沙美(三枝プランニング)
國重直也(JOHNNY TIME/DART'S)
滝川彩乃
松岡未紗(東映マネージメント)
水戸貴文(合同会社ハルベリーオフィス)
三宅重信(テアトルアカデミー)
宮吉康夫(パンチドランカー)
山口篤司
村松みさき(村松みさきプロデュース)


■内容
『芸術家ほど身勝手なやつはいない。ただし、彼らの愛は海より深いんだ』

万博の開催で日本がかつてない高揚感に包まれていた1970年―

多くの芸術家・表現者たちが身を寄せるアパートがあった。

小説家、女優、映画監督、美術モデル……全員、自分の気持ちに素直に行動するヤバいやつらばかり。

しかしその身勝手で屈折した感情表現が、彼らとその周りの人間たちの運命を思わぬ方向に導いていく……

『近づく星の光うるわし』でドラマ21最優秀脚本賞を受賞した村松みさきの書き下ろし最新戯曲・切なくも滑稽な芸術家ファンタジーが登場。


■■■■■■■■■■■■■


劇場へのお越しを心よりお待ち申し上げております。

|

« 2015年8月 | トップページ