トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月20日 (木)

後ろは別府湾

ちょっと休憩。

200712201256000
[酒井さん、升さん、四條、林ちゃん、俺。]

|

大分に移動中!

今日は福岡から大分に移動。
そのまま乗りうちで公演。
スタッフさんは昨日バラシた後、大分に移動して
今日は朝から仕込みをしてくれている。
感謝感謝

200712201115000_2
[バスの中で博多ロッシュというチョコ片手に微笑む渡辺いっけい]

|

お礼。

大阪公演を終え。
福岡を終え。
またまた、今回も差し入れをしてくださった方々。
どうもありがとう。
いつもながら感謝です。

芝居もやっぱり良い出来にしあがってると思う。

良い台本。良い演出。
良いスタッフ。良い役者達。
おもしろい。

|

2007年12月18日 (火)

本日オフ

今日はオフ。
もっとも、スタッフさんは仕込みの真っ最中。
感謝、感謝。
ちょっと散歩してみよう。

200712181049000
[散歩だが電車に乗る。]

|

2007年12月17日 (月)

壇之浦

向こうが九州。
もうちょっと。
いっけいさん。酒井さんと。

200712171652000
[旅番組風。]

|

移動はバス

大阪公演が無事に終わり、昨日は焼き肉で打ち上げ。
今日は朝からバスで福岡に移動。吉備のインターで桃太郎がいた。
バスは快適。
今、休憩中。

200712171128000
[こういうおっさん・・・おるかっ。]

|

2007年12月15日 (土)

アイパー!

生まれて初めてアイパーをした写真です。
アイパーってとっても便利。だって直毛がねるんだもの。
おかしくて撮りました。
『夢のひと』は、やっぱり舞台上に立っていて面白い公演です。
大阪は明日後一回。
大事に芝居します。

200712152323000
[こういうおっさん・・・おるなぁ。]

|

2007年12月14日 (金)

今日初日

いよいよ、
今日からツアーが始まる。

やることはやった。
後は落ち着いて
集中あるのみ。

|

2007年12月13日 (木)

昨日は場当たり

昨日は順調に場当たりが進んだが、自分の中では全く集中できていなかった。
舞台上での確認作業をやりながら、
例えば立ち位置や、照明の陰にはいっていないか、着替えの段取りなど、で頭がいっぱいで、台詞はボロボロ。
確認も出来たことだし、今日は集中しよう。

|

2007年12月12日 (水)

劇場入りの前に

この一週間、実家から通う私は、昔乗りなれた電車に乗ってメイシアターに通う。
今も大阪駅で普通電車京都行きを待っている。
慣れた街を通るのはなんだか感慨深い。
特に大阪環状線は若かりし頃、いろんな思い出があるので、街並みを見いってしまった。
朝から少しオセンチです。

さあ、吹田駅に着いた。
戦闘モードに切り替えよう。う~ん。
少し早いか!

|

今日はばあたり。

今日は朝からばあたり。
綺麗な舞台。綺麗な照明。わびさびのある音響。
大好きな本。大好きな演出。素敵な仲間に囲まれて。あっというまに終わった一日。
明日はゲネプロ。
まだまだ思いきってplayしてみよう。

|

2007年12月11日 (火)

移動日

『夢のひと』も東京稽古が終わり、今日は移動日。スタッフさん達は二日早く移動して、明日にはメイシアターで待っていてくれる。
気を緩めることなく最後の稽古に励もう。

僕の髪の毛は異常に直毛で短いとつんつん立ってしまう。
今回の役柄は昭和初期、大阪の色町の男衆。
ぺたんと髪の毛を寝かしたくて、初めてアイパーをかけた。

・・・気持ち悪いくらい髪が寝ている。
役柄の上では良いのだが、普段でもぺったんこで、出来の悪いズラを被っているようだ。
格好わるい~。

|

2007年12月 9日 (日)

稽古せにゃ。

今日は13:30からと18:00からで二回通し稽古があった。
二回やると気持ちがかなり疲れる。
今は呑みに行った後というのもありかなりフラフラしている。
ゆっくり眠ろう。明日に備えて。
本番は楽しみでありながら不安。どれだけ林ができるか、今から楽しみ。

うー。酔っぱらってひと駅行きすぎた。
歩こう。
外は寒い。

皆様、風邪ひかないように。

|

升毅誕生日!

今日12月9日は升さんの誕生日。稽古前に皆でささやかなHappy Birthday。

200712091313000
[撮影者 宮吉]

|

2007年12月 8日 (土)

夢のひと

『夢のひと』
稽古もいよいよ大詰め。
今日から通し稽古が始まる。
やっぱりこの台本は面白い。わくわくする。
そしてマキノ演出も面白い。そして、出演者がたまらなく素敵。
そんな中での通し。楽しみ、楽しみ。
前回『夢のひと』より、僕の役がかなり大きくなっておりどう演じるか、
難しいところです。

|

トップページ | 2008年1月 »